GO!GO!TAXI 

六本木の夜は更けて・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【キャンプ日記】家族キャンプ初挑戦!アクシデントも!

ごーたくは昨日今日と公休でございました。この休みは子供とカミさんを連れて初のキャンプに行ってきました。15年ほど前には、バイクにキャンプ道具を積んでツーリングに行っておりましたが、家族連れの本格的なキャンプは初挑戦です。さて、どうなることやら・・・。キャンプ道具は定額給付金をはたいて一式揃えました(麻生総理アリガトウ・・・?)

場所は埼玉県の玉淀大橋のたもとのカワセミ河原です。ここ1週間戻り梅雨のような状態で天候が気になりましたが、幸運にも1日目はピーカンに近い晴れで、」2日目もうす曇の天気となりました。

玉淀カワセミ河原1
↑玉淀カワセミ河原こんな感じです

1日目は8時頃に家を出発、なんだかんだ買い物をしながらだっので現地到着は10時半位になりました。ここからが一苦労!問題のテントの設営です。購入後、事前に近くの公園で予行演習をしていったものの、気温もグングン上がっていく中、結局1時間位テントの設営にかかりました。熱中症で倒れるかと思いましたよo(>_<)oそれでもテントは無事(?)設営完了。川遊びのあとバーベキューの昼食となりました。

玉淀カワセミ河原2
↑もちろん愛車のオデがお供しています。よくみるとテントが少し歪んでます。あとで大変なことが・・・

その後、河原のすぐそばのカワセミ荘で午後4時までお風呂が入れはずだったのですが、コンビニに立ち寄っっていたら午後4時を数分過ぎてしまい間に合わず。5kmほどさきにかんぽの宿があることを教えてもらいそちらに車で向かいました。かんぽの宿でもちょうど日帰り入浴感謝デーとかで通常の半額(大人400円、子供200円)で展望露天風呂を楽しみました。

かんぽの宿を出てみるとなんとなく雲ゆきが怪しい様子風も出ています。大急ぎでキャンプ地にもどって見ると、なんと今にもテントが風で飛ばされそうになっているではありませんか(@_@)慣れない設営でテントのペグを適当に打ち付けたのが原因らしく、再度ペグの打ち直し。作業完了後、遠くで雷と稲光が!あらためて周りを見てみると昼間はたくさんいたはずの人たちも我が家族ともう一テントだけ。これは撤収した方がよいかを悩んでいるうちに雨が降り始めます。

テントの中にこもり様子を見ます。川が増水でもしてきたらどうする?雷は大丈夫だろうか?などなど不安がよぎります。なにしろキャンプ初体験の子供連れですから・・・。そうこうしているうちに雨はやみ、空には星も見える程度に天候は回復し一安心(^^;)雨がさらって降ってくれたおかげで涼しくなり寝苦しいということもなかったです。

てなわけで、ごーたく一家のキャンプ初体験も無事終了。子供も喜んでましたし、なりより行く前はしぶしぶだったカミさんが大喜びで、帰ってきてから「今度はどこへ行く?」なんてネット検索して興奮してました。

ちなみにごーたくが今回、定額給付金をはたいて揃えたキャンプ道具一式はこんなものです。基本的にキャンパーズコレクションというメーカーのものでネット通販で揃えました。手ごろな価格で一通り道具がそろっているのでオススメです。
・テント(4人~6人用)
・でかいブルーシート(これは格安のものをネットの別の店で買いました)
・アウトドア用チェア×1
・ガスコンロ&鉄板×1
・寝袋×3(4人家族ですが1つは以前から所有していましたので)
・エア式のマット(空気入れるの大変で寝心地はイマイチでした)×2
・アウトドア用テーブル×1
・電池式のランタン(LED式でしたが明るさはイマイチでした)×2
・その他小物いろいろ
上記のものをそろえて6万ジャスト位でした。

ごーたくはかなり疲労しましたが、まあ慣れあるでしょう。また近々に行きたいです。アウトドアにはまりそうです。
*>>(●^o^●)<<*

明日からまたお仕事がんばるぞー!

@ごーたく

スポンサーサイト

| ■キャンプ日記 | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gotax.blog45.fc2.com/tb.php/15-8bf61b74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。