GO!GO!TAXI 

六本木の夜は更けて・・・

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ニュース】「利用者無視だ」~ワンコインが国に抗議へ

500円タクシー:消滅危機 適正化法、来月施行で 12社、国交省に抗議へ 10月に施行されるタクシー適正化・活性化法で、タクシー料金の認可幅の底上げが想定されている。初乗り(2キロ)500円の「ワンコインタクシー」の営業が認められなくなる可能性があり、業界は「利用客の支持を無視している」と反発。大阪府内の12社は15日にも、国交省近畿運輸局に抗議する。 同法は、規制緩和によるタクシーの供給過剰の打...
「利用者無視だ」~ワンコインが国に抗議へ

(タクシーは語る)

@ごーたくはタクシーに転職してからこのワンコインタクシーや割引タクシーのことを不思議に感じていました。基本、タクシーは利用者が選ぶことが難しい交通機関だと思っています。もちろん、個人タクシーを待って乗車したり、無線配車や専用乗り場で特定の会社のタクシーに乗車することはあるでしょうが、近くにいるタクシーに乗るのが一般的でしょう。

お客様の側ではそんなところだと思うのですが、それより不思議なのはそういう会社でよく乗務員をやるなあという疑問です。割引をした分、実車率があがってその分営収があがるという理論だと思うのですが、そこまで割引によって実車率があがるものなのでしょうか。それよりも割引による営収の低下の方が大きいと思うのです。もしかすると割引分は会社が負担しているとか、歩合がその分良いとかあるのかもしれませんが、タクシーというビジネスモデルでは、割引によって割り食ってるのは乗務員だとしか思えないのですよ。お客様や従業員のためというより会社が儲けるためのとしか感じられません。まあ、@ごーたくはそういう会社では仕事しないと思いますが・・・。

ニュース記事にある「利用者の支持を無視している」という意見も理解できません。消費者は安い方が良いに決まっているんです。支持して当たり前でしょ。「TAXI・ニューヨーク」(若宮健著)という書籍の中でニューヨークのタクシーは台数調整によってなかなか乗れなかったり、料金もそれなりに高いらしいのですが、ニューヨークの市民はそれはそれで納得しているのだそうです。なぜなら、タクシー乗務員にも生活があることを理解しているからだそうです。ニューヨーク市民は素晴らしいと思いました。

10月から新タクシー特措法が施行されますが、@ごーたくの生活にも直結することなので、どのような動きになるか状況みていきたいと思います。

@ごーたく φ(..;)



【続報】500円タクシー走り続けたい 運賃再規制に業者抗議(asahi.com)

スポンサーサイト

| ニュース | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gotax.blog45.fc2.com/tb.php/56-0c9bad7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。